パーカーを着る

便利なパーカー

厚手のパーカーは冬に意外と使える

パーカーは夏以外はほとんどどの季節でも利用可能な、便利なアイテムですが、生地によっては結構厚手だったりします。
通常、春や秋などのちょうどいい季節に着ることが多いかと思われますが、冬にも使えるのです。
厚手のものは秋や春にはあまり適しませんが、冬にはぴったりなんです。
それは冬にはパーカーを使って重ね着をすることができからです。
ジャケットなどを上からきて重ね着するスタイルはかなり有名です。
冬にはいろいろなアウターがありますけど、よくジャケットと一緒に着て、フードを出しながら歩いている人の姿をよく見まる。
10代後半から20代くらいまでですが、そのあたりの年齢の人にとっては珍しくない着こなし方になるのでしょう。
冬のアウターを組み合わせると、実は真冬でもパーカーが大活躍するチャンスなんです。
特に厚手のものの方が、寒さを感じづらいので良いですから、この季節に着るように生地が厚いものを買っておいても良いかも良いでしょう。

厚手のパーカーは旅行におすすめ

季節の変わり目に旅行をするとき、持って行った洋服が全て寒くて失敗した、という経験はないでしょうか。
そういうときに厚手のパーカーが一つあるとたいへん重宝します。
薄手の洋服で、しかも風が強い地域などだとかなり体感温度が下がります。
薄いものをいくら重ね着してもかさばるばかりであまり効果はありません。
どっしりした生地のパーカーがあれば、朝の冷え込みから夜の冷え込みまで安心です。
秋口くらいなら、昼間は脱いで腰に巻いておいても暑苦しくないでしょう。
乗った列車の冷房が効きすぎていたり、入ったお店が寒かったりしても対応できます。
また、飛行機の中でも便利です。
長時間のフライトだと機内で眠りたいですが、視界が開けていると安眠しにくいです。
そういうときにパーカーを後ろ前に着ると、フードが顔面をすっぽり覆ってくれるので安眠できます。
アイマスクなどより広範囲をしっかり覆ってくれるため、安心感があってぐっすり眠れます。

Favorite

Last update:2017/4/7